CBD Oil for Cancer 2023: Best CBD Oil for Cancer

CBD for Cancer レビュー

現代の科学が始まって以来、 私たちはがんに対する有効な治療法の開発に向けて大きく前進してきました。しかし、これらの治療法の多くは命を救うものですが、その代償として、多くの場合、衰弱した副作用を引き起こし、がん治療をさらに困難にしています。

しかし、希望はあるようです。 癌用CBDオイル癌用CBDオイルは、腫瘍の成長を止めたり、腫瘍の形成を防いだり、従来の癌治療の副作用を和らげたりする効果が期待されています。

もっと多くの研究が必要ですが、初期の研究では、がん用CBDオイルは、他のがん治療と並行して使用できる画期的な治療法または補完的な治療法になると考えられています。さらに良いことに、がん用CBDオイルは人間用とペット用の両方が開発されていることです。

がんのためのCBDオイル

  • すべて
EDITORS CHOICE

オープンアイ ヘンプCBDオイル

オープンアイ ヘンプCBDオイル

  • 不安感を和らげる
  • 慢性的な痛みと痛みを軽減します。
  • 集中力と明晰さを高める
価格
4

ホールリーフ CBD オイル

ホールリーフ CBD オイル

  • 痛みと慢性的な痛みを軽減する
  • 不安やストレスを和らげる
  • 健康的な睡眠を促進する
9.5
価格
4

グリーンロード フルスペクトル CBDオイル

グリーンロード フルスペクトル CBDオイル

  • リラクゼーションをもたらす
  • ストレス解消に役立つ
  • ヴィーガン&グルテンフリー
9.3
価格
4

CBDピュア - ヘンプオイル

CBDピュア - ヘンプオイル

  • 100%オーガニック栽培のヘンプから抽出したCBD
  • オーガニック&ピュア
  • 天然由来のカンナビジオール(CBD)、テルペン、その他のカンナビノイドを配合
価格
5

エッセンシャル CBD

エッセンシャル CBD

  • 吐き気・嘔吐の軽減
  • 発作の抑制
  • 抗炎症作用
価格
6
表示 その他のキャンペーン+。

CBDオイルのがん治療への効果は?

CBDは、抗がん剤としてのCBDのレビューによると、「細胞死の誘導、培養細胞への浸潤・転移の阻害、腫瘍の大きさ・血管・成長・重量の減少、生存率の向上、腫瘍の退縮を誘導することに成功した」とされています。

カンナビノイドの治療効果は、主に人体のエンドカンナビノイドシステム(E.C.S.)への影響によるものとされています。エンドカンナビノイドシステムは、生体の重要な機能を制御し、生体のホメオスタシスを維持するための複雑な細胞シグナル伝達システムである。 

カンナビジオールは、E.C.S.に存在する様々なカンナビノイド受容体に作用することで、抗炎症作用、抗酸化作用、鎮痛作用、抗不安作用などの効果をもたらします。

がん治療に有効なCBDオイルとは

What is the Best CBD Oil for Cancer: Top 10 CBD Oils for Cancer in 2023

CBDオイルがあちこちで登場する中、安全性だけでなく自分にとって効果的ながん治療用のCBDオイルを見つけるのは難しいかもしれません。そこで、第三者機関によるテストを受け、信頼できるブランドが製造し、GMP認定の衛生的なラボで製造された、評価の高いCBDオイルをご紹介します。

1.オープンアイ ヘンプCBDオイル

オープンアイ・ヘンプCBDオイルは、製品がどのように作られたかをオープンにする透明性の高い会社によって作られています。このオイルの製造者によると、配合に使用されているヘンプは、コロラド州グリーリーの農場から合法的に調達されたものだそうです。

オープンアイ ヘンプCBDオイル

オープンアイ ヘンプCBDオイル

不安の解消
慢性的な痛みと痛みを和らげる
集中力と明晰さを高める

オープンアイ ヘンプ CBD オイルは、バニラアイスクリーム味の単一フレーバーで、がん治療の結果である可能性のある不安や痛みに役立ちます。このオイルの開発者は、1日の摂取量を10mg、スポイトの3分の1に近い量にすることを推奨しています。 

2.ホールリーフ CBD オイル

このオイルには、T.H.C.レベルが無視できるほどの独自のブロードスペクトラムCBDが含まれています。メーカーによると、このオイルの配合に使われている麻は、アメリカ中の農場から調達されたものだそうです。

ホールリーフCBDオイル

ホールリーフ CBD オイル

痛みと慢性的な痛みの軽減
不安やストレスを和らげる
健康的な睡眠を促進する

お客様の安全を確保するため、農場とWholeLeaf CBDオイルの両方が、国際標準化機構に原料を送り、第三者機関(ISO)の検査を受けています。それでもまだ不十分な場合は、FDAに登録され、GMP認定を受けた第三者委託製造業者によって原材料が検査されます。

3.グリーンロード フルスペクトラムCBDオイル

このブランドはUSHA(U.S. Hemp Authority)認証を取得しており、第三者による監査を受けて合格していることからも、その信頼性の高さがうかがえます。さらに、全米ヘンプ協会や米国ヘンプラウンドテーブルのブランド会員にもなっています。

グリーンロード フルスペクトル CBDオイル

グリーンロード フルスペクトル CBDオイル

✅ リラクゼーションをもたらす
✅ ストレス解消に効果的
✅ ビーガン、グルテンフリー

このブランドでは、コロラド州、ケンタッキー州、オレゴン州の開放型農場で栽培されたヘンプを調達しています。このブランドは、化学薬品や農薬を使用しない有機栽培のヘンプを使用しています。オイルを製造する施設は、コロラド州公衆衛生環境局の承認を受け、GMP認証を受けています。 

4.CBDピュア - ヘンプオイル

このCBDオイルは、デルタ-8と天然ヘンプ由来のフルスペクトルCBDを同量含んでいます。当社の他の製品と同様に、非遺伝子組み換え農場で栽培されたオーガニックです。CBDピュア-ヘンプオイルフォーミュラは、同量のCBDとデルタ-9 T.H.C.の近縁であるデルタ-8 T.H.C.を含んでいます。デルタ-8 T.H.Cはあなたにリラックスして眠る準備をする法的「ハイ」さを与えます。

CBDピュア - ヘンプオイル

CBDピュア - ヘンプオイル

100%有機栽培のヘンプからのCBD
オーガニック &ピュア 天然のカンナビジオールが含まれています。
( CBD)、テルペン、その他のカンナビノイドが含まれています。

このオイルの効力は1000から1500ミリグラムの間で、ユーザーのフィードバックによると、このオイルは使用後20分で効果を発揮します。濃度は1mlあたり50mgです。

5.エッセンシャル CBD

CBDフルスペクトラムとオーガニック成分はUSDAオーガニック認定で、膝、肩、肘、手、筋肉の痛みに最適です。

エッセンシャル CBD

エッセンシャル CBD

✅ 吐き気・嘔吐の抑制
✅ 発作抑制作用
✅ 抗炎症作用

このオイルの配合に使用されているヘンプは、理想的な気候、土壌、水によって高品質のヘンプを生産することで知られているケンタッキー州で有機栽培されたものです。

6.ジーベ・ウェルネスCBD

治部ウェルネスCBDは、痛みや睡眠に悩んだ末に2018年にこのオイルの会社を設立しました。生のPCRヘンプオイルのバッチごとに第三者機関のレポートを掲載し、完成したレポートには第三者機関のレポートを掲載し、スキャンすると製品のプロファイルがわかるQ.R.コードを入れるなど、厳しい第三者機関のテストを受けている。

ジーベ・ウェルネス・ビーディー

ジーベ・ウェルネス・ビーディー

✅ 関節の健康をサポートする
✅ 痛みを軽減する
✅ 集中力と明晰さを高める

IS0/IEC 17025認証の施設で、オイルの第三者試験を実施。睡眠習慣の改善や不安感の軽減をサポートします。

7.アメリカンシャーマン CBD

このCBDオイルはグルテンフリーで、テルペンを配合した超濃縮ヘンプオイルを使用しています。このオイルのCBDフルスペクトルは、重金属などの有害な汚染物質を除去する方法であるCO2を使用して抽出されています。

アメリカンシャーマンCBD

アメリカンシャーマンCBD

✅ 関節や筋肉の痛みを和らげる。
✅ 頭痛を緩和する
✅ 気分を良くするのに貢献する

また、独自のナノテクノロジーにより、水溶性に仕上げています。 アメリカン・シャーマンの1ミリグラムには、10mgのCBDが含まれています。

8.CBDfx

TこのCBDチンキオイルは、2014年に設立された会社によってカリフォルニアで作られています。このオイルは、フルスペクトラムのCBDを含み、グルテンフリーでビーガンです。同社によると、このオイル自体が8回の厳しい第三者テストを受けているとのこと。

CBDfxオイルティンクチャー

CBDfx

100%有機栽培のフルスペクトルCBD
安価な原料やフィラーを使用していません
0 .01%未満のTHCを含む

CBDfxオイルに使用されているヘンプは、有機栽培されたものです。このオイルは、非遺伝子組み換えとグルテンフリーの両方に対応しています。

9.ワンダーリーフ CBD

このオイルは、2014年に設立されたより実績のある会社によって製造されています。このオイルは1mlあたり平均60mgと非常に高い効能レベルを持っています。

ワンダーリーフ CBD

ワンダーリーフ CBD

✅ 慢性的な痛みを和らげる
✅ 不安やストレスを軽減する
✅ 関節痛の軽減

ワンダーリーフCBDは、5mlから100mlまで5種類の強さがあり、CBD濃度は300mgから6000mgまであります。このオイルは麻の実から作られており、香料は一切含まれていません。

10.ソル CBD ピュアヘンプ

本製品に使用されている麻は有機栽培されたもので、70%はオレゴン州の直営農場から調達しています。製品の30%を占める大麻は、オレゴン州農業保健調査局が認定した農場から調達されています。配合されているCBDはCO2を用いて抽出されており、有害物質や金属を含まないことが確認されています。GMP認証を受けた施設で製造されています。

ソル・CBDピュアヘンプ

ソル・CBDピュアヘンプ

✅ 絶対的なゼロリスク
100%ナチュラル&オーガニック
✅ 痛みと効果的に闘う

オイルはAmerican Herbal Pharmacopeia Monographsによる品質と安全性のテストを受けています。また、ISO-17025認定施設であるコロンビア・ラボラトリーズにて、オイルの第三者試験を実施しています。推奨される摂取量は、1スポイトあたり12滴で、CBDを25mg含有しています。

がんの痛みに対するCBDオイルの摂取方法は?CBDオイルはがんに効く?

医師の指示がない限り、1日10~20mgから始めることをお勧めします。1週間服用して、十分な耐容性があり、否定的な副作用やアレルギー反応がないことを確認してください。この用量で望ましい効果が得られない場合は、望ましい量が得られるまで、1週間ごとに5mgずつ徐々に増やしてください。

1日分の量をコップの水に入れて飲んだり、舌の下に落として30~60秒キープしてから飲み込んだりします。また、CBDはがんを治すものではありませんが、がんの成長を遅らせたり、がん治療でよく見られる副作用を緩和する効果があることがわかっています。がん治療のためのCBDオイルは次のような効果があります。

cbd oil dosage

吐き気を抑える

がん治療では、深刻な副作用である吐き気や嘔吐が生じることがあります。吐き気と嘔吐は、がん治療の一般的な副作用であり、化学療法を受けるほとんどの患者さんに影響します。cancer.govによると、吐き気と嘔吐は、脳、胃腸管、または肝臓への放射線療法の副作用でもあります。 cancer.govによると

がん患者さんが治療を継続し、日常生活を送るためには、吐き気や嘔吐を予防し、コントロールすることが重要です。コントロールされていない吐き気や嘔吐は、以下のような結果をもたらします。体内の化学成分の変化、精神状態の変化、食欲不振、栄養失調、脱水症状、食道の断裂、骨折、手術の傷口の再開通などがあります。

CBDはセロトニン受容体と相互作用するため、動物実験では吐き気を和らげる効果があることが示唆されています。セロトニンは、人の気持ちに影響を与えるホルモンで、特に感情や全体的な幸福感に影響を与えます。

痛みの軽減

時には、がんは慢性的な痛みと同義であり、そのためにがん患者が日常生活を送ることがさらに困難になることがあります。多くの場合、その痛みは神経の変化によって引き起こされます。 

このような神経の変化を引き起こす原因はいくつかあります。まず、このような神経の変化は、がんが神経を圧迫したり、腫瘍が生成する化学物質が原因で起こる可能性があります。また、がん治療による神経の変化によってもたらされることもあります。慢性的な痛みは、軽いものから重いものまであり、怪我や治療が終わった後もずっと続きます。慢性的な痛みは、怪我や治療が終わった後もずっと続き、常に存在する可能性があると cancer.orgを参照してください。

癌用CBDオイルは、現在オピオイドなどの薬に頼っている慢性的な痛みに苦しむ人々にとって、より安全な代替品となる可能性があります。オピオイドとは異なり、CBDオイルは効果的であるだけでなく、習慣性がありません。さらに、CBDオイルはオピオイド系鎮痛剤に比べて副作用が少ないのも特徴です。 

炎症を抑える

慢性的な炎症は、D.N.A.を損傷し、時間の経過とともにがんにつながる。潰瘍性大腸炎やクローン病などの慢性炎症性腸疾患を持つ人は、大腸がんを発症するリスクが高いことが多い、と cancer.orgを参照してください。

しかし、炎症を抑えたい、さらには予防したいと考えている人にとっては、希望の光が見えてきたようです。痛みに対するCBDの効果についての研究では、CBDがエンドカンナビノイド受容体の活動に影響を与え、炎症を抑え、神経伝達物質と相互作用することで、慢性的な痛みを軽減することが明らかになっています。 

CBDは、炎症性サイトカインのレベルを下げ、T細胞の増殖を抑制し、T細胞のアポトーシスを誘導し、免疫細胞の移動と接着を減少させることが臨床研究で示されています。

大麻と免疫システム

食欲増進

According to Cancer.net, appetite loss or poor appetite is not uncommon in cancer patients. Loss of appetite could result from the cancer itself or the treatment. Appetite loss is mainly characterized by eating less than usual not feeling hungry or full after eating a small amount of food. 

Unresolved appetite loss has the potential of causing severe complications such as weight loss, malnutrition, fatigue, and weakness from muscle loss. These complications can be fatal and slow recovery and lead to breaks in treatment.

While there are drugs that can help stimulate appetite, they often come with a host of side effects. In some studies, CBD has been shown to increase appetite. CBD relieves nausea and can calm your nervous system and digestive tract. As CBD has a calming effect on the digestive tract and reduces nausea, you will find cancer patients can eat more. Besides that, CBD also relieves pain and feeling less pain may increase appetite.

肺がんに対するCBDオイル

イギリスの医師が、雑誌「B.M.J. Case Reports」に論文を発表しました。この報告は、80代の肺がんの女性がCBDオイルを摂取し、腫瘍の退縮を経験したというものです。腫瘍は3年間継続して縮小しました。その間、女性は手術を拒否していましたが、毎日0.5mlのCBDを摂取していることを明らかにしました。 

前立腺がんに対するCBDオイル

2012年に発表された研究2012年に発表された研究では、CBDなどの非THCカンナビノイドがin vitroおよびin vivoで前立腺がんの成長を阻害することが示されました:プロアポトーシス効果とそのメカニズムこの研究では、カンナビジオール(CBD)が前立腺がん細胞の生存率を有意に阻害することが示されました。

乳がんのためのCBDオイル

痛み、疲労、吐き気、不快感、不安感などは、乳がんの一般的な副作用です。CBDは、腫瘍を縮小し、乳がん治療の副作用を軽減するために使用されます。CBDは、体内のエンドカンナビノイドシステムと相互作用します。エンドカンナビノイドシステムは、炎症、気分、睡眠などの日常的な身体機能を調節する細胞上の受容体の複雑なネットワークです。そして、この相互作用によって、体はがん治療の副作用に対処することができるのです。

CBDオイルによる大腸がんの治療

Colorectal cancer (C.R.C.) is now regarded as the third most lethal and fourth most commonly detected cancer globally.

Research has shown that CBD has antitumor activity properties in colorectal cancer models. CBD protected D.N.A. from oxidative stress, increased endocannabinoid levels, and inhibited colorectal cancer cell proliferation in some in vitro studies.

肝臓がんに対するCBDオイル 

Research on CBD oil’s effect on patients with liver cancer who have exhausted all treatment options are still ongoing at the University Medical Centre Groningen (UMCG), Netherlands. 

CBDオイルの皮膚がんへの効果

カンナビノイドは、皮膚疾患の抗炎症剤として使用できる可能性があり、また抗がん作用もあります。カンナビノイドは、抗炎症作用をもたらし、神経炎症性疾患の保護剤として作用することで、これに対抗することが示されており、皮膚がん治療の優れた候補となっています。

皮膚の炎症は、とりわけ、炎症性サイトカインや活性化カスケードを増加させることにより、皮膚がんのリスクを高めます。炎症性サイトカイン、プロテアーゼ、ケモカインは、皮膚がん細胞の生存と浸潤に関与していることが研究で示されています。

CBDは乳がんを殺す

膵臓がんに対するCBDオイル

CBDの治療効果に関する十分な研究は不足していますが、いくつかの研究が存在します。 

An example of such research is the 2019 review that sought to examine the anti-cancer properties of cannabinoid extract. The review involved Vitro and Vivo studies on the effect of cannabinoids in pancreatic cancer, and the studies showed that these extracts could effectively act against pancreatic cancer. However, the research remained unclear on the lack of dosage, formulation, and mode of action.

がんのためにCBDオイルを摂取するタイミングは?

自分に合った用量を決めたら、1回目を朝に、2回目を夜にと、2回に分けて服用します。

がんに対するCBDオイルの投与量 - どのくらいのCBDオイルを摂取すればいいのか?

最初は低用量から始めて、徐々に高用量にしていくことをお勧めします。専門家の中には、1日10~20mgから始めることを勧める人もいます。特定の用量を1週間服用し、耐容性を確認し、副作用やアレルギー反応が出ないことを確認することをお勧めします。 

この投与量で期待した効果が得られない場合は、望ましい投与量になるまで、1週間ごとに5mgずつ増やしてみてください。

がんのためのCBDオイルの結果 ビフォー・アフター

CBDオイルががんに効くようになるまで、どのくらいの時間がかかりますか?

癌用CBDオイルが効果を発揮するまでの期間は、体重や代謝が大きく影響します。第三に、CBDオイルの効能は、CBDの効果をどれだけ早く感じられるかにも影響 します。

However, scientists say that you should feel the effects of CBD, within 15 to 45 minutes of taking the dose. Accurate dosage of your preferred dosage should remain effective for 2 to 6 hours. If the effects do wear off, do consider topping off your dosage.

CBDオイルはペットのがんにも使えますか?

化学療法と放射線療法は、私たちのペットも含めて誰にとっても残酷なものです。CBDオイルを使ったがん治療は、残念ながらがんを治すことはできませんが、伝統的な薬の副作用を和らげることができる優れた補完的治療法です。 

The CBD oil will ease pain and inflammation, reduce anxiety, seizures, and stress, and help with nausea. In some cases, CBD has been proven to slow down the growth of cancer cells, reducing the rate at which cancer is spreading in the body. We recommend taking Condor CBD Gummies too.

また、CBDオイルはがんのペットにも有効ですが、その使用を規制する法律は州によって異なります。カリフォルニア州などでは、獣医師がCBD製品について会話を始めたり、勧めたりすることが禁止されています。このような場合でも、CBD製品の使用に伴うメリットやリスク、ペットへの投与量の推奨について、自由に話し合うことができます。

CBDオイルはがんになっても大丈夫ですか?

CBDオイルは忍容性が高く、依存症を発症するリスクもなく安全に使用できますが、がん用のCBD製品はまだ食品医薬品局(F.D.A.)の承認を受けていません。F.D.A.は、CBDオイルをがんやがんの症状を治療するため、あるいはがん治療の副作用を緩和するためにも承認していません。 

この事実にもかかわらず、がんに対するCBDオイルの健康上の利点は、あらゆるリスクを上回っています。健康専門家によると、CBDオイルは脂溶性(親油性)で、時間の経過とともに体内で化合し、さらに多くの健康効果をもたらしてくれるため、過剰摂取はあり得ないとのことです。

また、CBDオイルをがんに使用するにあたり、注意すべき副作用があるかどうかも気になりますよね。

CBDオイルは癌に安全か

がんに対するCBDオイルの副作用

CBDは、副作用がほとんどない安全な製品です。CBDオイルに起因する副作用は、CBDの効力や収率を高めるために意図的または非意図的に添加された不純物の結果です。

しかし、CBDオイルへの反応は人によって異なり、ある人には効果があっても別の人には効果がないということにも注意が必要です。CBDオイルは、疲労、下痢、食欲の変化、体重の変化などの軽度の副作用を引き起こす場合があります。

また、CBDオイルは、抗生物質、抗うつ薬、抗不安薬、睡眠導入剤、筋弛緩剤、化学療法薬、抗痙攣薬、血液希釈剤など、既に服用中の薬と相互作用する可能性があることに留意することが重要です。 

このため、CBDが薬と相互作用するかどうかを確認し、あなたとあなたの症状に適した投与量を提案するために、医療従事者に相談することを強くお勧めします。

がんのためのCBDオイルの結果は、ビフォーアフター。

がんに対するCBDオイルの効果を最大限に享受するためには、低用量から始めて、数週間かけて徐々に増やしていくことをお勧めします。がん治療による副作用の中には、痛みの緩和など、ほぼ瞬時に緩和されるものもありますが、完全に緩和されるのは1ヶ月後になるものもあります。 

がんのためのCBDオイルの結果 ビフォー・アフター

がん用CBDオイルの口コミと評価。賛否両論。

このCBDオイルについて、私たちは絶賛のレビューを書いていますが、あなたは自分自身に尋ねているかもしれません。 なぜ信じられるのか? と疑問に思うかもしれませんが、これらのサプリメントをより客観的に評価するために、これらを見てみましょう。

癌用CBDオイルに関するポジティブなレビュー

癌用CBDオイルに関するポジティブなレビュー

癌用CBDオイルに関する否定的なレビュー

長所

  • 慢性的な痛みを和らげる
  • 癌治療への不安を解消
  • 食欲増進
  • 吐き気を抑える
  • 炎症を抑える

コンス

  • CBDオイルは忍容性が高いのですが、眠気や口の渇きなどの副作用があります。
  • 現在服用している薬との相互作用の可能性あり

がん用CBDオイルの口コミと評価

がんにCBDオイルを使用することは推奨されますか?

CBDは、がんの補完的な治療法として、あるいはがん発症の予防法として、非常に推奨されています。CBDは、腫瘍を縮小したり、成長を止めたりする効果があることが研究で明らかになっています。これに加えて、CBDはいくつかのがん治療の取り込みを改善することが実証されており、この治療の全体的な成果を高めるものです。

がんのためのCBDオイルはどこで購入できますか?

がんのためのCBDについて理解したところで、これらのオイルをどこから入手するのがベストなのか気になりますよね。CBD市場では、推奨値である0.3%をはるかに超えるT.H.C.が混入しているオイルもありますので、ブランドには十分な注意が必要です。

ありがたいことに、上記のブランドは、主に消費者の安全性に焦点を当てた徹底した第三者テストを受けています。ブランドからの購入を強くお勧めしますが、さまざまなブランドからの選択肢を提供しているわけではありませんので、購入は こちらをご覧ください。

このサイトの購入は、メーカーから直接CBDオイルを低価格で受け取ることができます。特に、お住まいの州や地域でのCBDオイルの合法性に不安のある方は、このサイトからの購入をお勧めします。

がんのためのCBDオイル 結論~私たちの経験とおすすめポイント

あなた自身のためであれ、あなたのペットのためであれ、治療を始める前に医師や獣医師に相談することをお勧めします。そうすることで、CBDオイルが効果的であるかどうかを医師と一緒に評価する根拠を得ることができます。さらに重要なのは、現在服用している薬やペットの薬がCBDオイルと相互作用するかどうかを医師がすぐに教えてくれることです。

CBDオイルでがんを克服する結論

がんのためのCBDオイルについてのよくある質問をまとめました。

がん用CBDオイルがどのような働きをするのかをご理解いただけたところで、さらに製品についての理解を深めていただくために、いくつかの質問と回答をご紹介します。

CBDオイルをがんに使うには?

がんのためのCBDオイルはどこで買えますか?

がんのためにCBDオイルをどのくらい摂取すればいいのでしょうか?

癌の犬にCBDオイルをどのくらい与えればいいのでしょうか?

癌に最適なCBDオイルとは?

皮膚がんにCBDオイルを使うには?

前立腺がんにCBDオイルを使うには?

CBDオイルのがんへの効果は?

がんのためのCBDオイルのお得な情報やクーポンコードはありますか?

癌用のCBDオイルをeBayやAmazonで購入することは可能ですか?

がんのためのCBDオイルにリスクや副作用はありますか?

参考にしてみてください。

  • https://www.uspharmacist.com/article/pharmacists-guide-to-cbd-oil
  • https://innocanpharma.com/cbd-oil-and-skin-cancer-what-does-the-research-say/
  • https://www.verywellhealth.com/cbd-oil-benefits-uses-side-effects-4174562#:~:text=CBD%20oil%20is%20usually%20taken,5%20mg%20and%2025%20mg.
  • https://www.cancer.gov/about-cancer/treatment/side-effects/nausea/nausea-pdq#:~:text=and%20other%20conditions.-, Nausea%20nd%vomiting%20are%20serious%side%effects%of%20cancer%20therapy, also%20cause%nausea%20nd%vomiting.
  • https://www.healthline.com/health/cbd-for-nausea#:~:text=Animal%20studies%20suggest%20ththat%CBD,general%20sense%20of%2Dbeing.
  • https://www.cancerresearchuk.org/about-cancer/coping/physically/cancer-and-pain-control/causes-and-types#:~:text=Chronic%20pain,-Chronic%20pain%20can&text=Nerve%20changes%may%20be%20due, be%20there%all%the%20time.
  • https://www.cancer.gov/about-cancer/causes-prevention/risk/chronic-inflammation#:~:text=Over%20time%2C%20chronic%20inflammation%20can,increased%20risk%20of%20colon%20can.
  • https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7023045/#:~:text=Therefore%2C%20it%20has%20been%20suggested,of%20immune%20cells%5B66%5D.
  • https://www.cancer.org/treatment/treatments-and-side-effects/physical-side-effects/eating-problems/poor-appetite.html#:~:text=Cancer%20and%20its%20treatment%can, few%20days%20usually%lose%20weight.

ユーザーレビュー

英語版

お客様の電子メールアドレスは公開されません

eighteen + 8 =

Written by Dr. Dana Kim
Medical Writer & Editor

ダナ・キム博士は、臨床薬剤師です。イリノイ大学シカゴ校で薬学の博士号を取得。彼女は在宅輸液薬剤師として勤務し、10年以上にわたり、患者と専門家のための臨床通信を書いてきました。博士キムはまた、familyfoodandtravel.comのライターである。

View all post by Dr. Dana Kim